当サイトでは通販でよく取り扱っている店舗テントというものについて、その概要を解説していきたいと思います。
お店を開くときに少しでもスペースを有効活用したいと考えた時には、敷地内に屋根をかけたり周囲を仕切ると言ったことで簡易的なスペースを作ることができます。それらを簡単に行うのがテントで、スペースを広げるだけでなく条件によっては日差しを避けると言ったことにも使うことができるので、お店の環境を改善するという点でもメリットがあるものです。

知っておきたい店舗テントの概要

知っておきたい店舗テントの概要 店舗テントの概要は、主にお店の出入り口などの外壁に取り付ける日差しよけや雨よけのものですが、それ以外にも通路に使ったり大きく張り出すことにより屋外スペースを活用するといったことにも使うことができます。固定式のものが中心ですが、伸縮させることができるものもあり必要に応じて利用するということも可能です。
店舗テントの多くはオーダーメイドで作られるもので、固定式の場合には金属のパイプでフレームを作りそこにテント生地を張ります。多くの場合にはテントにお店の名前やロゴなどを入れて看板代わりにも使われるものです。色については単色が主流で耐候性に優れたものが使われており、お店のイメージカラーに合わせて選ばれます。

店舗テントの基本情報

店舗テントの基本情報 店舗テントとは何かというと、お店の入り口や軒先に日よけや雨除け、屋根それから看板目的で使用する業務用のテントの事です。
では店舗テントの基本情報を詳しく見ていきましょう。一言で店舗テントと言っても、色々な形状やデザインがあるのが特徴です。デザイン性や質感等数百種類ある生地の中から自分が希望するものを選んで、特注で自分のお店だけのオリジナル店舗テントとして取り付け施工する事が出来ます。またテント面にはお店のロゴや名前、電話番号等を印刷する事も出来る為、自由なデザインが出来るというのも魅力です。
他にもテント自体は防水防炎生地で出来ているものも多いので、雨が降っていてもそのまま使用する事が出来ますし、火事が起きても自己消化性によって燃え広がる事はありません。さらにUVカットもついているので、紫外線もカットする事が出来、耐用年数も7~10年程持ちます。しかも一度設置すれば、フレーム等はそのままで古くなったり破損したテント生地だけの張り替えが可能というのも大きな特徴です。そして施工期間も早ければ1日で済むというのも魅力です。普段あまり意識していませんが、目を凝らして歩いてみると色々なお店や商業施設、さらには工場や倉庫等で店舗テントが使われている事がよく分かります。

店舗テントで採用されている生地の特殊加工

日本全国には数多くの商業施設が点在しています。
ファストフードからラーメン、居酒屋にパン屋などとなりますが、これらの施設で共通してあるのが店舗テントです。来店客や軒先で展示をしている商品を雨風から守る役割りがあり、開店時の設計で必ず設置をするのが基本となります。そこでここでは、この店舗テントで採用されている生地について解説をしていきましょう。雨と太陽の強い日差しの両方を防ぐことができますが、その生地は帆布と呼ばれるものになっています。麻を織り上げて完成をさせていますが、そのままでは防水効果はありません。完成時に撥水加工というものを施すことで、大雨でも店舗テントは水を染み込ませることがないわけです。昨今では晴雨両方の環境に対応できるようになっており、1度取り付けたら約20年前後は劣化をしません。店舗テントは文字の印刷をおこなうこともでき、一種の宣伝を行えるようになっているのも特徴といえるところです。

店舗テントを使用する場合の外観で注意しなければいけないこととは

店舗で建物を使用している場合、その広さは制限があります。また、短時間だけ物品を販売するような時には雨除けがなければ商売が難しいことから、床面積を増やして多くの客を呼び込むために店舗テントを使用することがあります。店舗テントとは支柱になる骨組みにシートで囲ったものであり、必要な時だけ使えて終了すれば簡単に収納できるので、状況に応じて店舗面積を増やしたいオーナーには最適な物品でしょう。ただし、利用する際にはその耐久性の弱さから注意しなければいけないことがあり、外観の見栄えを高めるための装飾はバランスを考える必要があります。
商業店舗では集客を増やさなければいけないことから、顧客からの見た目を重視しています。その代表が派手な電飾を使ったネオンなどであり、このような設備を使うと人の意識を向けやすいので、そこから顧客の増加に繋がってくれるでしょう。これが通常の建物であれば強度や耐久性があるので問題が無いのですが、店舗テントは簡単な骨組みでその形状を維持しているだけなので、あまりに重量物な設備を設置すると倒壊する危険性があります。また重量物でなくても面積が広くなると風力を受けやすくなるので、これも倒壊する確率が高まるので、店舗テントに設置する設備は大きさや重さに気を付けるようにしてください。

お洒落な店舗テントを利用して集客アップしよう

通常の住宅とは異なり、店舗は目指すことが大変重要な項目の一つです。集客を行うためには、様々な意味で人の目をひくということが大切になってきます。そのようなことから、各店舗では色々な工夫を凝らした店舗デザインを行ってきています。街に出ていろいろなお店を見ても、様々な工夫がされているということがわかります。
デザインの工夫については、店舗内の様々な調度品の調達や配置ということもあるのですが、窓の外の部分も大切なアピールポイントです。外の部分は街を歩いている人達の目に直接触れることになりますから、ここにお洒落なデザインの店舗テントなどをことができれば、それ自体がお店の宣伝になります。お店の内容に沿ったデザインの店舗テントを設置することにより、お店のイメージアップとともに集客に大変役に立つことになってきます。外に接する部分としては、まず一番にあるのは入口の部分ですが、店の窓の部分にもそのような工夫を行うと効果的です。

簡易なものと認識されがちな店舗テントを見直そう

店舗の設営には、様々な工夫が凝らされています。それは店舗の目的が、集客を行い多くの商品の販売をすることを第一とするからです。したがって店舗デザインは、まずはセンスがよく目立つということが大切になってきます。そのため店舗内の様々な器具などに関しては、そのような観点から収集や配置を行うということになってくるわけです。そのような店舗の顔となるのが店舗テントです。店の外にあって街を通る人の最も目につくところにあるからです。
ただこの店舗テントは、もともと雨よけというようなイメージが強く、簡易なものと認識されがちです。昔はそのようなことが主なものであったのですが、最近では店の顔としての役割を果たすためにたいへん豪華なものが設営されるようになってきました。デザインなども、人目をひくようなコントラストの強いものなどが利用されるようになってきています。従来のものとは違う考え方で、店舗テントについて考える必要があります。

お店の個性を演出できる!店舗テントの魅力

飲食店や小売店の軒先を飾るのが、店舗テントです。日差しよけや雨よけとしてだけでなく、お店の個性を演出するのに役立つのが魅力になっています。
本体にお店の名前や提供している商品サービスの特徴、ロゴなどをプリントすると看板にもなるので広告宣伝にかがでしょうか。個性的な店舗テントを目指すさいのポイントとなるのが、生地のデザインとカラーリング、文字や色、フォントやロゴのサイズになります。おしゃれな印象のあるカーブ型や日差しよけスタイルのパネル傾斜型に加えて、台風や変えの強い日に収納できる上下可動や巻き上げタイプなども人気です。また雨よけや日除け重視の軒先テント型などがあるため、目的に合わせられます。白などの明るいフォントが映える濃い色の生地が選ばれる傾向があります。さらに看板代わりや目印にする場合はフォントサイズを大きくするのがよく、ロゴをプリントするとよりいっそうオリジナリティを感じられます。店舗テントは、お店を演出するだけでなく雨よけや日差しよけなどの実用性を備えているので検討してみてはいかがでしょうか。

夏祭りに使うための店舗テントの種類とおすすめ

夏祭りで使う店舗テントは、スタッフの人数や借りているスペースを有効活用するためにも組み立てと撤収が簡単な物を選ぶのがポイントです。最近はワンタッチでセッティングや片付けが完了する物や、少人数で設営できる商品も販売されていますのでそういった物を活用するのもおすすめです。
またその下や周りで調理することも考えて、天幕や横幕は防炎素材で作られている物を選ぶことが大切です。汚れがつきにくく水濡れやサビに強い加工がされた物なら雨が降っても安心ですし、調理や食事の際に油やソースがついても拭き取るだけで綺麗にすることができます。最近はUVカット素材のテントもあり、そちらは熱中症や紫外線対策用としても人気です。
テントのサイズにこだわれば、さらに快適に祭り気分を盛り上げることができます。大きめの物なら店舗以外にもイートインスペースや休憩所としても使えますし、小さめの物なら後片付けも簡単で人件費や光熱費の節約にもなります。
これからも継続して使う物なら、テントにロゴマークや店舗名を入れて顧客へ向けてアピールするのもいいでしょう。夏祭り用の店舗テント向けのデザインは看板としての役割を果たしてくれるので、できるだけ派手に装飾を施すのがコツです。

イベント用におすすめの使いやすい店舗テント

近年、都市型公園やショッピングモール、神社や道の駅などいろいろな場所で楽しいイベントが開催されています。ハンドメイド物販もあればB級グルメのお店が集うなど、出店店舗は多種多様です。イベントで役立つのが、店舗テントです。野外でする場合は紫外線避けや雨避けとして重宝します。店舗テントを張ることで商品を守ることができる上に、お店のスタッフも暑さ寒さや雨をしのげます。
店舗テントは、出店する際には軽量で持ち運びしやすいものがおすすめです。最近では女性でも簡単にセッティングできる店舗テントが増えています。駐車場からブース位置まで遠い場合、歩いて運ばなければなりません。そんなときに軽いテントであれば楽ちんです。ワンタッチで設定できるタイプや防水効果のあるものが使いやすいです。
さらにいろいろなカラーがあるので、お店の雰囲気に合った目立つ色を選ぶと良いでしょう。テントには店名も掲げて、お客様にしっかりアピールしたいものです。

店舗テントにはのぼり旗の存在が欠かせない?

店舗テントを利用してお店を開きたいと考えている場合、周囲の存在にかき消されてしまうような地味な見た目をしていては全く相手にはしてもらえません。
意外と自分の店舗テント以外にも複数立ち並んでいることが多いため、目立つ存在感を放っていないとどんどん他の店舗にお客さんを取られてしまうことがあるからです。
それを確実に阻止したいと考えているのであれば、店舗テントの両脇などにしっかりとのぼり旗を設置しておきましょう。のぼり旗を置いておくだけでもかなりの宣伝効果があることはもちろん、全体的な印象が華やかになって人目を惹く魅力を活かせるようにもなるので、コスト面を気にしつつも早めに注文して素敵な旗を完成させてみてください。
また、どのような旗を作れば良いかについてですが、どのようなものを販売しているのか、キャンペーンなどは実施しているか、お店の名前や人気商品の写真、店舗に対しての情熱などを書き記しておくと非常に効果的です。

店舗テントにはバルーンアートを取り入れよう

店舗テントを利用すれば、許可さえ下りれば意外とどんな場所であっても簡単にお店を開くことができるため、繁盛している地域をピンポイントで獲得することができれば直ぐに利益を出すことができます。
しかし、店舗テントだと見た目がかなり地味になってしまうことが多いため、そこでお店を開いていることをお客さんにしっかりとアピールできないことが多々あるのです。
そんな悩める方にぜひおすすめしたいのがバルーンアートを取り入れた店舗テントの飾りつけになります。安く購入できるバルーンを何個か用意しておき、参考書などを見ながら一つ一つ丁寧に作り上げていってみましょう。一番のおすすめはクマや犬などの動物を風船で作ることになります。また、その周辺にバルーンで出来たお花を飾りつけると更に華やかなイメージになるので、子供から大人まで幅広く親しめる素晴らしい店舗テントが完成するでしょう。
風船だけを使用しているので予算もそこまで高くはかかりませんし、失敗しなら作り直すこともできるのでぜひ挑戦してみてください。

店舗テントは安全対策のしっかりした製品を選ぶ

店舗テントを利用するなら、雨除けや日よけのテントシートなど耐久性や防汚性能の高いシートを用意していて防水防災の小型から大型まで利用できる会社がお勧めです。
店舗テントを使用する場合安全対策をしっかりと行う必要があり、雨除け日よけはもちろん設置場所に合わせたサイズのものを選ぶことが大事で、小さすぎても大きすぎても風にあおられます。また屋外に設置するので常に雨風にさらされますので、耐久性の高い生地を選ぶことが大切で5年から10年の耐久性を持ったテントを選ぶといいです。それから雨除け日よけシートは、日差しの強いところはUVカットの製品を使うとよく晴れの日でも便利にご利用できますしお店の顔になる部分はデザイン性も大事で、雰囲気に合うものやデザインのもの選ぶことです。
さらに検討は取り付けやメンテナンスのしやすさも重要であり、屋外にさらされるので5年から10年ほどで交換する必要があるのでフレームにロープを編んで固定している場合はシートだけを取り外し交換できます。

店舗テントの外観のデザインをおしゃれにするいくつかのテクニック

店舗テントの専門店はインターネットから探すことができ、横幅と奥行き、カラーリングなどを指定することで組み立てキット付きで購入することはできます。
専門店により取り扱いは違いがありますが、おしゃれなフリル付きや2色の縞模様なども多く、デザイン面でも選択肢はあります。
実際に店舗テントを購入してみて外観のデザインをさらにおしゃれにしたい場合では、切り文字のラッピングシートを別途専門会社に製作を依頼して、自分で貼り付ける方法は簡単に行えます。
テント素材に対応している塗料を使う方法があり、元々の店舗テントのカラーを薄いグレーやブラウン系などで発注すると色を上手く乗せることを可能にします。
具体的な方法の中には、グレー系の場合では、塗料を使ってコンクリート風にエイジング塗装を施す方法、薄いブラウン系であれば、木目調に手作業で塗装作業をする方法で、おしゃれさが際立つ店舗テントにできるのではないでしょうか。
他には超強力両面テープを使って、軽量な屋外用装飾品を貼り付けるなど、工夫とアイデアによっておしゃれさを発揮させられます。

集客を上げるために利用することもできる店舗テント

店舗テントは集客を上げるために利用できる重要な設備です。
お店の入口などに使用されている場合には、お店全体の雰囲気を決めることもあります。
赤や青などさまざまな色のテントが店舗には使用されていて、どこのお店も自分のイメージに合ったものを選んでいます。
ですが長期間使用し続けていると、テントが大きく劣化してしまうこともあります。
ずっと使っていると布の一部に裂け目ができることもあり、大きな穴が開いてしまうこともあります。
このような状態の店舗テントをそのまま使用し続けていると、お店のイメージも悪くなってしまいます。
新品のきれいなものと交換することによりお店の雰囲気を良くすることができるので、集客を上げるためにも利用できます。
集客のために店舗テントを新調したい場合には、今まで使っていたものとは全く違うデザインのものを選ぶこともできます。
デザインの違う店舗テントを設置することにより、お店のイメージも大きく変わります。

店舗テントで快適な内容にするための工夫とは何か

店舗テントで快適な環境を提供するためには、いくつかの工夫が必要です。
まずお金をかけずに店舗テントを作り上げる方法があります。
まず照明を工夫することができます。
夜間や暗い場所での展示や販売を考える場合、適切な照明が不可欠です。
LEDライトや照明器具を取り入れて商品を明るく照らすこともあります。
これにより顧客が商品をより魅力的に見ることができます。
テント内の温度管理も重要です。
暑い季節には日よけの効果を最大限に活用し、テント内を涼しく保つ方法を検討しましょう。
逆に寒い季節には、適切な暖房機器を使用してよい温度を維持することができます。
これにより、顧客が長時間滞在しやすくなります。
さらに快適な座り心地を提供する椅子やクッションを配置することも考慮するべきです。
顧客がくつろげる空間を提供することで、商品をじっくり検討しやすくなります。
音楽やBGMを流すことで居心地の良い雰囲気を演出できます。
お金をかけずによい店舗テントを作るために、クリエイティブなアイデアやリサイクル品の活用も有効です。
木材やパレットを使用してシンプルな家具を手作りする、古いカーペットを床に敷くなど予算に合わせて工夫できます。

低資金で開業できる店舗テントと起きやすいトラブルの事例と解決策

テント素材を使った店舗テントが普及をしており、土地さえあれば低資金で開業できるメリットがあります。
老朽化を起こしてもその都度その個所だけを交換することもできるので、維持費用が負担にならないことも魅力です。
一方で店舗テントの場合では、トラブルが起きてしまう可能性があるので、対策を施すことは必須です。
起きやすい事例は店舗内で調理などをしている場合、換気口から臭いが周囲に広がってしまう問題、壁が薄いことにより騒音になる可能性もあります。
住宅街の場合では、来店される方々が路上駐車をしてしまうことでトラブルに発展する可能性もあります。
この問題は臭いは高さのある煙突を設置する方法で解決でき、騒音問題は遮音シートを店舗内の壁面に使う方法と、防音性のある屋外フェンスを設置する方法から選べます。
路上駐車の問題は、土地に対して駐車できるスペースを予め確保する方法になり、もしも確保することが難しい場合では、近隣のコインパーキングに誘導するなど近隣住民には十分な配慮が求められます。

店舗テントの安全対策について知っておきたい

イベント会場などの店舗テントは雨除けや日除け対策に使用していますが、強風や大雨などの影響で倒れてしまう可能性があります。
多くの人が集まる会場ではテントが倒れてしまうと、怪我人が出てしまい大変危険です。
店舗テントの安全対策は耐久性、防水性、防水性に優れた素材を選び、しっかりと安定させる必要があります。
安全対策について考える必要があるため、店舗テントの柱に重りを付けて安定させることが大事です。
店舗テントを販売している専門店では倒れにくく、安全性に優れた商品が販売されています。
突然の強風や大雨などに耐えることができる商品を選ぶことで、大切な顧客を守ることが可能です。
安全対策について指導をしたり、倒れるのを防ぐために設置を行っています。
高い技術や豊富な経験を持ったスタッフが、テントを設置してくれるので安心です。
高品質で上質な素材を使用しており、設置が簡単で解体がしやすい商品が人気があります。
人気のメーカーやブランドのテントは、丈夫な素材を使用しており安定感があるのが魅力です。

店舗テントの情報サイト

岐阜 店舗テント

新着情報

◎2024/1/15

情報を追加しました。
>店舗テントの外観のデザインをおしゃれにするいくつかのテクニック
>集客を上げるために利用することもできる店舗テント
>店舗テントで快適な内容にするための工夫とは何か
>低資金で開業できる店舗テントと起きやすいトラブルの事例と解決策
>店舗テントの安全対策について知っておきたい

◎2023/3/16

情報を追加しました。


>夏祭りに使うための店舗テントの種類とおすすめ
>イベント用におすすめの使いやすい店舗テント
>店舗テントにはのぼり旗の存在が欠かせない?
>店舗テントにはバルーンアートを取り入れよう
>店舗テントは安全対策のしっかりした製品を選ぶ

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>店舗テントで採用されている生地の特殊加工
>店舗テントを使用する場合の外観で注意しなければいけないこととは
>お洒落な店舗テントを利用して集客アップしよう
>簡易なものと認識されがちな店舗テントを見直そう
>お店の個性を演出できる!店舗テントの魅力

◎2021/11/15

どれくらいの価格で買える?
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました

1人牡蠣🦪大好物じゃたなら とても楽しめるイベントじゃ思います‼️ 本当どの店舗にも絶対牡蠣メニューがないと 参加ができない がキーワードじゃけ✨ 三宅水産ブースは ・まるごと牡蠣と🦪🦪 ・素揚げ牡蠣ポン です🦪🦪 【テントNo.28】 お楽しみに😁😁😍💕がんす♬

イベント テント ワンタッチ 本格イベント集会用テント Free-RiseLITEシリーズ 3m×3m オーニングバージョン ヒサシがセットになった特別仕様 フリーマーケット イベント店舗 マルシェ 待機所 待合所 学園祭

-->